小さな頃から大人の気持ちを察して困らせないようお利口にして生きて
きました。
子どもの時寂しかったから、自分の子どもは笑顔いっぱい幸せな子に育てたいと思ったのをきっかけに保育の道に進みました。保育士を辞めた後も、家族の生活を中心に選択し福祉畑で人を助ける仕事をしてきました。
自分さえ我慢すれば、それでみんなが幸せになれば私も幸せなのだと思っていました。家でも外でも。

ある時、笑わなくなっている自分にハッとしました。歌うこともなくなっていました。いつもいつも自分を後回しで心を置き去りにしてきた結果、何を食べたいのか?何をしたいのか?何が好きなのか?さえわからなくなっている自分に気がつきました。

それがきっかけで元々占いや神秘的なものが好きだった私は自己啓発、スピリチュアルの世界に興味を持ちHAPPY 理論に出会いソーサーに。そしてそこから発展してのHTLのご縁で神社、龍が好きな私は色んな偶然に導かれながら龍づけで有名なフルモス8魔法学院の代表であるTOMOさんと出逢いました。

HTLでの学びの中から、自分には価値がないから頑張らなければ愛されないと思い込んで、歯を食いしばって生きてきた自分に気付きました。そしてこのフルモス8魔法学院の学びでは魔法の技術だけではなく、人として生きていく上で何よりも大切なものを教わりました。TOMOさんの器の大きさと愛情の深さに包まれ、『自分を愛すること』の大切さと『愛されている』と感じられる体験を重ねる中で恐れの声が小さくなり感情を味わうことを取り戻すと共に『私は私のままでいい』と揺るぎない自分の芯を確立できました。
波乱万丈な人生経験も人の気持ちをより深く思いやれるようになる為に必要な経験だったと思えるようになりました。

子どもの頃から、(自分のまわりの人はみんな笑顔で幸せになってもらいたい、みんなで一緒に幸せになりたい)という気持ちをずっと持ってきました。
自分もまだ幸せになっていないのに?と今まで持て余していたその望みも今なら何かが出来そうな気がしてきました。
そして、今まで怖くて一歩を踏み出せなかった私がこの度なんと、龍づけで幸せのお手伝いをさせていただけることになりました。

フルモス8魔法学院でTOMO代表と素晴らしい個性と才能と何よりも愛に溢れた理事のメンバーに囲まれながら一緒に楽しく龍と共に活動出来ることに感謝します。